FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   4 comments   0 trackback

絵本『ぼく、ニホンオオカミになる!』~マスダ ケイコ 作/絵~:感想:


『かっこいいなぁ みてみたいなぁ ニホンオオカミ』

『ニホンオオカミへの 第一歩や!はりきって いくで!』






ぼく、ニホンオオカミになる!! [ マスダケイコ ](楽天ブックス)



今日紹介するのは、


マスダ ケイコ 作/絵

【ぼく、オオカミになる!】
4歳ごろから~

<リーブル出版>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*



こちらは、

「2015 東吉野村ニホンオオカミ手作り絵本コンクール」最優秀作品として選ばれた作品です^^*

東吉野村とは、奈良県にある村で、ニホンオオカミが最後に捕獲された場所だそうです。
もう100年以上も前の話です。
そんな東吉野村を知ってもらいたいという思いから、このコンクールが実施されることになったそうです。
このことは絵本の最後にも書かれているので読んでみてくださいね^^

“ニホン”オオカミは絶滅したとされていますが、そんなニホンオオカミに憧れを持つとある犬のお話です♪



****あらすじ****

ニホンオオカミに憧れる、ヤマトという名の犬がいました。

ヤマトの家族はおじいちゃんとおばあちゃん。

ヤマトはおじいちゃんからいつもニホンオオカミの話を聞いていました。

ニホンオオカミは心やさしい生き物なんやで、

ニホンオオカミは山道を歩く人をそっと見守ってくれるんやで。

ヤマトはそんなニホンオオカミにいつか自分もなる!といって、勇ましい声を出すと聞けば、遠吠えの練習だってしました。

ある日、おじいちゃんとおばあちゃんがなかなか家に帰ってこないので、ヤマトはふたりを探しにいくことにしました。

お外はだんだん暗くなり、あれ、ここは、どこ??

************



ニホンオオカミに憧れ、いつか自分も!と張り切るヤマトがとってもかわいいんです^^*

暗い中迷ってしまったヤマト。
そんなヤマトを助けてくれる存在が現れます。

絵だけを見ると、もしかして、もしかして!!?

と、ニホンオオカミがどこかで生きているかもしれない!と期待膨らむようになっています。

明確に「私はニホンオオカミです」なんて言葉はでてこないけれど、今もどこかで元気に暮らしているかもしれないと想像して嬉しくなりました^^
この絵本を作られたマスダケイコさんもきっとそのような思いがあったんじゃないかな。

魅力はお話だけではなく、絵にもありました。
田舎独特の色、といいますか、空や太陽、月あかりの色。
青々とした山の色、薄気味悪い夜の森の色。

様々な色をよく再現できたなー!と感心するとともに、やさしい空気感にとても癒されました^^*


なんだか希望の湧いてくる、元気をもらえる絵本でした♪
そして、夢見るヤマトからも、がんばる気持ちをもらいました^^

心おだやかになれる絵本です。


ではまた次回♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッと応援していただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
関連記事

スポンサードリンク

Comment

雨降りさん says... ""
愛さん、こんばんは<(_ _)>

この絵本、何だか愛しいですね。
絶滅してしまったニホンオオカミへの申し訳なさや郷愁、希望もさることながら、ヤマトがすんごく愛しい♡

愚直なまでに一生懸命に夢見るヤマト。
ニホンオオカミの存在を大きくしてますね。

人間も自然の一部。
もっと昔の方のように、自然に畏敬の念を持たなければいけないな、なんてことも思いました。

是非、読んでみます!
素敵な絵本の紹介、ありがとうございました!

2016.09.09 19:41 | URL | #- [edit]
はじめ says... ""
ヤマトくん。まずはシベリアンハスキーを目指しなさい。

ぶっちゃけ、狼と犬の違いはハッキリと分かりません。
子供の頃は、狼=山犬と思ってました。

最近、野良犬っていなくなりましたよね。
昔、近所に『シロ』って名前のでっかい野良がいました。
人懐っこいので、みんなに可愛がられてました。
でも、ある日、急にいなくなりました。
きっといい里親に巡り会ったのだと、俺は信じてます。
2016.09.11 13:09 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
雨降りさん、コメントありがとうございます!

そうですねー!なんだか抱きしめたくなるような、そんな絵本でした^^*
ヤマトがとってもキュートです♪

絶滅してしまったニホンオオカミ、きっと、悪いことをしたな、と思っている方たちがたくさんいるのでしょうね。
せめてこうして、ニホンオオカミが存在したということを伝えていくことが、謝罪になるのかもしれませんね。

もっともっと自然と共存できる方法を人間が考えていかなければいけないと思います。
ここ数年の自然災害、地球が怒っているように思えてなりませんね><
2016.09.14 15:20 | URL | #- [edit]
愛 says... "はじめさんへ^^"
はじめさん、コメントありがとうございます!

シベリアンハスキーもまたカッコいい犬種ですね!
確かに、これなら同じ「犬」です^^

狼と犬、細かな分類は私も知りません☆
肉食?とも思いましたが、野良犬も子猫を食べたりするし。。。

そうです。我が家の目の前の茂みには野良犬が6匹も住み着いています。
しかもでかい。。。

夏休み、ラジオ体操に向かううちの息子くんと、同じマンションに住む6年生をこの野良たちが追いかけてきました;
なにもなかったのですが、息子くんはますます犬嫌いに;

「シロ」という子はとても優しい子だったのですね^^
そんな風に甘えてくれたらいいのにな~。
きっと最後まで誰かに愛されていたんじゃないかな♪
そう思いたいですね^^

こちらは6匹中2匹が、まさに「狂犬」でございます。
油断はできません^^;
2016.09.14 15:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/332-f9b8d177
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。