FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   4 comments   0 trackback

絵本『ぼく おかあさんのこと・・・』~酒井 駒子 作~:感想:


『ぼく おかあさんのこと・・・キライ。』

『もう こんなおかあさん おわかれしよう。』





⇒ぼくおかあさんのこと…(楽天ブックス)



今日紹介するのは、


酒井 駒子 作

【ぼく おかあさんのこと・・・】
4歳ごろから~

<文溪堂>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*



昨日はお父さん向けの絵本でしたが、今日はお母さん向けの絵本を紹介したいと思います^^*

以前紹介した、「よるくま」と同じ作者、酒井駒子さんの作品です。



****あらすじ****

ぼくは、おかあさんのこと、キライ。

だって、

にちようびはいつまでも寝てるし、マンガみせてくれないし、

すぐ怒るし、

早くしなさいってよく言うくせに、自分はゆっくりしてる。

それから、それから―

ぼくとは結婚できないって。

こんなおかあさん、キライだ。

だからお別れしちゃおう。

サヨナラ おかあさん!

************



親って理不尽なんですよ。。。反省しました(笑

早くしなさい!と言いながら自分はゆっくり。。。ああ。。耳が痛いです^^;

この絵本は、大人向けなのかもしれませんね。

出来ないこと、やりたいことがあるのは、子どもだけではないことを教えてくれます。

それと、子どもからの無償の愛。見返りを求めない愛も。


最後出て行った“ぼく”も、やっぱりすぐに戻ってくるんです^^

こんなこと言いながら、そんなお母さんだと知りながら、やっぱりお母さんが大好き!

唯一無二の存在なんですよね。


近頃は、幼い命が悲しい結末を迎えるニュースが多くて。。。
もっと、大人たちが自分に自信を持って子育てできる環境を作っていかなければならないと心底思います。

自分を優先してほしい、自分だけをみてほしい。
そんな感情を奥底に秘めたまま親になってしまう人が多いのでしょうね。

私だってそう。

自分の気持ちを押し殺してイライラすることなんて当たり前にあって。

そんな時に、こういう絵本に出会うとハッとするんです。

お互いに、唯一無二の存在で、子どもはこんな自分でも“おかあさん”と呼び、笑顔を向けてくれることに気づくんです。


イライラすると身近な存在ほどみえなくなるから、気をつけないとなあと思います。

この気持ちを忘れないためにも、こういう絵本を1冊そばに置いておくのもいいかもしれませんね♪


子どもにとっては、“そうそうお母さんこんな時あるよーー!”って、ちょっと上からの気分になって楽しい絵本かもしれません(笑


大切なものを思い出させてくれる、やさしい絵本でした^^*



ではまた次回♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッと応援していただけると嬉しいですm(o・ω・o)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

関連記事

スポンサードリンク

Comment

雨降りさん says... ""
私もこの絵本を読んだことがあります。
じーんときますね。
子供のまっ直ぐな瞳は、絶対裏切れないです。
成長して真っすぐじゃない時があっても、試行錯誤しながら受け止めたいですね。
「好き」な気持ちって、すごく強い。
愛することを忘れたくない!と愛さんの記事を読んで思いました。
2016.02.10 20:01 | URL | #- [edit]
はじめ says... ""
重。いきなりセリフが重い。
俺は・・・もしかしたら、母親ってものに幻想を抱いているのかも。
「子供を守らない母親はいない」的な考えを持ってます。

子育ての苦労は分からない俺ですが、
子供をほったらかしてホスト狂いって・・・鬼としか言いようがありません。
ああいう母親がいるなんて、信じられません。
2016.02.12 15:33 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
コメントありがとうございますー^^

雨降りさんもご存知だったのですね\(o⌒∇⌒o)/
子どもは本当に真っ白で。
本当に、何色にでも簡単に染まってしまうのだなって恐ろしくなる時があります。
だからこそ、裏切れないですね^^

いつだって、どんな感情だって、まずは受けとめてあげたいですね♪
だって、自分だってそうしてほしいから(^ー^* )
傷つくのが怖くて、自分を守ろうと壁を作ってしまいがちですが、やっぱり愛することって素敵*
それを知っているから、いつか本物の愛をみつけることができるって信じ続けていたいですね。
2016.02.12 17:36 | URL | #- [edit]
愛 says... "はじめさんへ^^"
コメントありがとうございます^^*

重い言葉ですよね。
ずしん!ときます。

私も「子供を守らない母親はいない」と思っていましたが、耳を塞ぎたくなるようなニュースが多いですよね><
やっぱり、孤独を意味する“独り”は人を狂わせるのでしょうかね。。
独りで子育てしている親、あとは介護もそうですよね。

昔のように地域全体、おじいちゃんおばあちゃんも一緒に子育てできる環境はやっぱり貴重だと思います。

もちろん、どんなに孤独だろうが子どものためならなんでもできるお母さんの方が多いと思いますよ^^

心に闇を抱えた親になりきれない親がどんどん増えてます。
私だって発狂したくなる時はありました^^;
そういう人たちがまずは救われる社会にしていかないと。
じゃないと、子どもたちも救われないですよね。
2016.02.12 17:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/312-a1a151e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。