FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   4 comments   0 trackback

絵本『げんきのないピエロのたからもの』~たなかしん 作~:感想:


『げんきのないピエロは いつも ふきげん。だから にんきが ない。』

『どこかに かくすから みつけてね!そしたら かえして あげるから!』





⇒げんきのないピエロのたからもの(楽天ブックス)



今日紹介するのは、


たなかしん 作

【げんきのないピエロのたからもの】
4歳ごろから~

<求龍堂>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*



こちらは、“痛みをやさしさに”という、私が子どもたちに持ってもらいたい心が描かれている絵本でした。

でも、ちょっと小難しいので、大人の方が解説をしながら聞かせてあげてほしいな~と思う絵本でした^^



****あらすじ****

とあるサーカスに、おじいちゃんのピエロがいました。

ピエロはいつも不機嫌顔で、人気がありません。

ピエロには、とても大切にしている一枚の写真がありました。

古ぼけて何が写っているのかはよくわからないけれど、本当に大切にしていました。

ピエロの芸は“みずげい”。

飲んだ水を目から出すという地味な芸で、泣いているようにしかみえないので人気もありません。

しかしある日、ピエロに興味を持ったひとりの少年がいました。

その少年、アドネは、ピエロをもっと泣かせてやろうと、ある作戦を思いつきました―

************



コラァァァァーーーアドネーーーー!!!

と、叱りたくなりますねヽ(`ω´*)ノ

アドネは、ピエロが大切に大切にしていた写真を盗んでかくしてしまうのです。
ピエロは必死で探しますがみつかりません。
その姿をみて楽しむアドネ。

それにも飽きたアドネは、その写真をピエロにみせて、返してほしかったらつかまえてごらんというのです。
ピエロ、おじいちゃんですからね?なんとも酷な話です^^;

その後は、かくれんぼです。
今度はみつけてみろと言います。

アドネはですね、なんと、サーカスのライオンの檻にかくれるんです!((((;゚Д゚)))))))
ライオンが大人しく寝ているわけもなく。。。ガオーーーーー!

怖くて声も出なくなったアドネ。
そんなアドネを助けたのは、ピエロでした。

きっと自分も怖かったはずなのに、ピエロはライオンとアドネの間に立ち、守ってくれたのです。

緊張が解けたアドネはわんわんと泣き始めました。

アドネは謝りました。
ずっとひとりぼっちで淋しかったアドネは、イタズラをしてピエロの気を引こうとしていたのですね。

大切な写真は前よりも汚れてしまったけど、手元に戻ってきました。ピエロも微笑んでいます^^*

そしてアドネは。。

ピエロに懐いて、一緒のお布団で眠るのでした(*^_^*)






イタズラをして誰かの気を引こうとする子どもたちは少なくありません。

ピエロは、アドネの心が淋しがっていることに気づいていたのかもしれませんね。

写真を盗られて悔しいはずなのに、まずはアドネの気持ちを受けとめてくれました
痛みを痛みで返すのではなく、やさしさに変えてくれたことで、アドネの心が洗われていきました。

どんな形であれ、自分に興味を持ってくれたアドネのことが、もしかすると可愛かったのかな?

誰かの大切にしているものを傷つけるのは決して褒められたことではありませんが、そういう行動が、
「さみしいよ」「相手してほしいよ」「こっちをみてほしいよ」というメッセージであることに、私たちは気づいてあげなければいけないのでしょうね^^




さて、物語も考えさせられるもので素敵だったのですが、も素晴らしいんですよ♪

正直私好みの絵ではないのですが(←申し訳ないです)、感心したのはその手法!

よく見るとザラザラした面に書かれた、壁画のよう。

気になって調べてみると、なんと海砂の上に描いているんですって!!w(゚o゚)w

細かい海砂を集めて塩を洗い流し、天日干し。

そうして作った砂を、絵の下地にしているらしいのです。
だからこんなにも独特な質感が出るんですね!

この絵本実は2000円+税と、少々お高め。。。
ですが、この手間を考えたら納得かもしれません。
作者のたなかしんさんは画家でもあるそうなので、イラストを買うと思えば安い???

全体的に暗かったので、もう少し明るい雰囲気だったら、子どもにも手にとってもらいやすいのかな~と。


ではまた次回♪



2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッと応援していただけると嬉しいですm(o・ω・o)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
関連記事

スポンサードリンク

Comment

はじめ says... ""
ピエロって言えばさぁ・・・。
俺、マクドナルドが嫌いなんですよねぇ。
あ、食べるのが嫌いって意味ではなく、人?
えーっと、なんてんだ、あのピエロみたいな人。ドナルド?
嫌いって言うか、怖いんですよ、あの顔が。

想像してください。夜、公園で、あの顔に出会ったら・・・。怖。
2016.02.01 15:37 | URL | #- [edit]
雨降りさん says... ""
寂しかったり、注意をひきたかったりすると、子供はいたずらや意地悪をしますね。
もしかしたら、大人もそうかもしれません。
それを受け止めてあげられるピエロのおじいさん、素敵だな★

けれど、何の写真だったのかな?
ピエロの人生も気になってしまう雨降りさんです。
2016.02.01 19:09 | URL | #- [edit]
愛 says... "はじめさんへ^^"
コメントありがとうございます^^

マクドナルドの、ドナルド。。。
あれは恐怖ですね。。。

うちから一番近いマクドナルドには、このドナルドが座ったベンチがあったんですが、こないだみたら撤去されてました^^;
少し影になった場所にあったので、苦情があったのかもしれません。
ビクッとしましたから(笑

夜の公園にいたら。。。いろいろ覚悟します。。。
2016.02.03 16:45 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
コメントありがとうございます^^

> 寂しかったり、注意をひきたかったりすると、子供はいたずらや意地悪をしますね。
> もしかしたら、大人もそうかもしれません。

そうですね><
最近は、そういう大人も増えてきたように思います。
いたずらでは済まない事例も多いですから、油断できない感情のひとつかもしれませんね。

写真はおそらく家族のものなんですが、はっきりとした絵は出てきません^^
ピエロの人生、勝手に泣けるお話を頭の中で作ってしまっている愛さんです(笑
2016.02.03 16:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/307-3211989b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。