絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   8 comments   0 trackback

絵本『いぬのおしりのだいじけん』~ピーター・ベントリー 文/松岡芽衣 絵/灰島かり 訳~:感想:



『ぬいだ おしりは、おしりかけに おかけください。』

『あっというまに あたりは ひの うみ。かじだ、かじだ!たいへんだ!』



いぬのおしりのだいじけん




今日紹介するのは、


ピーター・ベントリー 文
松岡芽衣 絵
灰島かり 訳

【いぬのおしりのだいじけん】
4歳ごろから~

<ほるぷ出版>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

※図書館のシール部分をふせんで隠しています^^




みなさん、犬が犬同士お尻のにおいをかいでいる姿をみたことはありますか?

本来その行動は、相手の情報収集らしいのですが、この絵本のお話ではちょっと違う理由があるようなのです(=゚ω゚)ノ

おもしろおかしいその“理由”を楽しんでみてください♪



****あらすじ****

今日は世界中から犬が集まって豪華なパーティーが行われる、ワンワンまつりの日。

ドアのまえに貼り紙がありました。

そこにはいくつかの注意が書かれています。

おや、“おしりは、おぬぎくださいませ。”というものまでありますよ。

犬たちは、ぬいだ“おしり”をおしりかけにかけ、テーブルにつきました。

ごちそうを食べたり、いくつものショーを楽しみました。

そのあとのダンスタイムで事件は起こりました!

2匹の犬がダンスをしているとき、勢い余ってろうそくにぶつかり、倒してしまったのです!

あっという間に火は大きくなり、会場は大混乱です!

逃げろ!逃げろ!

あ!

おしり!!!

************



“おしり”を脱ぐという、なんとも奇想天外なお話でしたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

おしりはですね、ピンク色のドーナツのような感じで、おしりかけという名のフックに掛けれるようになっています(笑

絵本の中のお話ですから、ここはあえて突っ込まずにいきましょう(*´v`)


おとなしい表紙ですが、中身はてんやわんやで、そのギャップもおもしろい作品でしたよ♪


火事の中、おしりだけは無くすわけにいかない犬たち。
どれが自分のものか確かめる余裕なんてないので、とりあえず1匹1個、おしりを持って逃げました。

それ以来、犬たちは犬に出会う度に、相手が持っているおしりが自分のものではないかと確認するために、おしりをかぐあの行動をとるようになった。。。

というのがこの絵本の中の設定でした(ノ∇≦*)

なんとユニークな発想☆

「そんなわけないじゃん!」と理解できる年齢の子の方がもしかすると楽しめる絵本かもしれません+.(*'v`*)+




⇒いぬのおしりのだいじけん




犬って、人の下半身もにおってきますよね。
猫もなのかな??

自分のにおいにどんな情報が入ってるのか気になる。。。(笑
犬と話せるなら聞いてみたい(-∀-)


ではまた次回♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*


関連記事

スポンサードリンク

Comment

雨降りさん says... ""
愛さんの紹介する本の選定眼は、本当に素晴らしい!!
こんな面白い絵本があったなんて知りませんでした( ゚Д゚)
しかも、愛さんの記事が愉快なので、もう読みたくなってしまって読みたくなってしまって。
叶うかどうか分からないけれど、私の童話が本になったら、愛さんのブログで紹介していただきたいです(笑)
余談ですが、以前飼っていた我が家の犬は、人のおしりにぐっと鼻を突っ込んで匂いを嗅ぐので、遊びに来たおじさま(女性にはしない)方々はびっくりしていました(笑)
2015.12.14 17:02 | URL | #- [edit]
さおり says... ""
こんにちは。
この本私も娘たちと読んだことがあります。
我が家は犬が二匹いるのですごい食いついてきて面白かったです。
あと、さいごのパグ爺さんだったか、ブルドック爺さんだったかしっぽ焼けちゃったから今短いんだよっていうおちもおかしかったですよね。
犬好きにはなかなか楽しめる一冊ですね。
先日ノアの方舟の絵本が図書館で置かれていたので読みました。←けっこうポップな絵の大型絵本

その本には、
犬の鼻がなんでいつも濡れているかが書かれていて、えぇぇ~神話ってなんて残酷(笑)
悲しいお話じゃないけどけっこうびっくりでした。

2015.12.14 19:36 | URL | #- [edit]
はじめ says... ""
・・・冒頭のセリフ(?)、訳分かんないんですけど・・・。
は? 「おしりを脱ぐ」? パンツ脱ぐってこと? 犬はパンツはかんでしょ。
これはあれなんですかね?
英語和訳なんでこうなったのか、
それとも、もともとこういうお話なのか、
どっちなんでしょう?
海外小説なんか、人によってその和訳が違います。
2015.12.15 15:06 | URL | #- [edit]
吟遊紳士 says... "付箋のワンコがびっくりしてる♪"
なんと!
大胆な絵本(^_^;)
だから~犬同士でお尻を嗅ぎあっているのか~
納得納得~♪

な訳がないじゃろうぅぅぅ~(*_*)
ワンコに下半身の臭いを嗅がれるのがとても嫌(´・ω・`)

なんかとても恥ずかしい気持ちになる(-_-)
2015.12.16 00:59 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
コメントありがとうございます^^
お返事が大変遅くなり、すみません!!

毎日絵本を読んでいたらきっと読むものがなくなるのだろうと思っていましたが、本当に本の数は多すぎて☆
きっと人の数より多いのでしょうね^^
こうして、面白いと思える本に出会えることは、好きだなと感じる人に出会えるくらい幸せなことであると思います。

雨降りさんの童話が本になった際には、ぜひ紹介させてください!!
むしろこちらがお願いしたいです^^*

犬にも好みがあるんですよね!
基本的に女性の方が匂いを嗅がれることが多いと思っていたので、おじさま好きなわんちゃんのお話に笑ってしまいました(笑)
2015.12.29 11:50 | URL | #- [edit]
愛 says... "さおりさんへ^^"
コメントありがとうございます^^
お返事がこんなにも遅くなってしまい、すみません!!

さおりさんも、ご存知の絵本なのですね♪
私には想像もできないお話で、愉快な作品でした。
娘さんたちも、わんちゃんがお尻の匂いを嗅ぐ姿をみて、もしかしたら??と楽しくなられたかもしれませんね^^*

そうそう!ブルドッグ爺さんのオチも笑いました(笑)
こういうエピソードを考えてみると、普段近所を散歩しているわんちゃんたちを眺めるのがさらに愛しくなりました^^

ノアの方舟の絵本、気になります!!
犬のお鼻が濡れている理由が残酷。。。どんな理由なんだろう~☆
神話って残酷なものが多いですよね。
読みたいリストに追加されました(笑)
2015.12.29 11:57 | URL | #- [edit]
愛 says... "はじめさんへ^^"
コメントありがとうございます!!
お返事が遅くなり、申し訳ないです!!

おしりを脱ぐ。。。すごい表現ですよね(笑)
“こう●ん”をもぎりとり、輪っかの形のそれをフックにかける、というリアルに考えると痛々しくてみれない仕組みです(笑)

和訳にも好みってありますよね。
同じ作品でも伝わり方が変わってくるので、翻訳のお仕事って大変なんだなと思います。
本だけでなく、映画なんかもそうですよね☆
2015.12.29 12:03 | URL | #- [edit]
愛 says... "吟遊紳士さんへ^^"
コメントありがとうございます!
お返事がこんなにも遅くなり、申し訳ありません!!

犬同士の匂いの嗅ぎ合いに、こんな理由があったなんて驚きですよね(笑)

わんこは容赦なくグイグイきますよね(笑)
いったい何を嗅ぎ取っているのか。。。
嗅がれるということは、嫌いではない、ということなのかな。。?
2015.12.29 12:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/294-d9f95dbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。