FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   6 comments   0 trackback

縹けいか【モーテ】3巻が予約開始ですって!?



こんばんはー愛です^^


以前、縹けいかさん【モーテ】という作品の感想を書きました。

私が大好きな絵師、カズキヨネさんが挿絵を担当されたことで知った作品です。
作品の内容にも魅了され、続編を購入したのが。。。4月。。。


あれれ。。。今。。。11月??。。。( ̄△ ̄;)


半年以上読めていない!!!!


で、昨日発見したツイート。。↓









⇒モーテ -夢の狭間で泣く天使ー (楽天ブックス)


さらに続編がおでましだあああああΣ(=∇=ノノヒィッッー!!

私はむかしから時間を作るのが下手くそすぎる~~


“命の尊さ”について考えさせられる感動作です。


よし!読もう!


ではまた明日♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
関連記事

スポンサードリンク

Comment

吟遊紳士 says... "ほぉぉ~"
ほぉぉぉ~♪

ワシが描いた漫画(32P読み切り)はこれに似ているかも~
(ちょっと違うか・・・)
個人的にはよく描けたと思って・・・
出版社に持って行ったら~

30歳以上には漫画賞はやれないと・・・

20歳前半の編集者にあしらわれて漫画は止めました(´・ω・`)
2015.11.08 10:01 | URL | #- [edit]
はじめ says... ""
ラノベってやつですよね、これ。
ラノベもねぇ・・・絵本と同じで読みにくいんですよ。図書館では。
ラノベを物色したら、横に若い子がきたりして、恥ずかしいんですよ。
絵本とはちょっと違う恥ずかしさですね。

本読むのに年齢は関係ない。
そう言いたいところですが・・・やっぱり現実には厳しいです。
2015.11.08 16:01 | URL | #- [edit]
雨降りさん says... ""
このような作品があるの、全く知らなかったなぁ。
死にたくなくても死んでしまう運命……。
私には辛すぎて読めないかも。
でも、愛さんの解説を読むと、すごく希望も感じられます。
読んでみようかな?
迷ってます(*_*;
2015.11.08 19:55 | URL | #- [edit]
愛 says... "吟遊紳士さんへ^^"
え。。!?ちょ!!?
漫画ですってーー!?

しかも出版社にですって!!?

愛さんの目が飛び出ますよ、吟遊紳士さん☆

漫画も描かれていたのですね!
気・に・な・る・・・(゚皿゚)

漫画界には年齢があるのですか☆
それも驚きです。
バクマン。の映画を観て、週刊誌がどれだけ大変かわかりました。

吟遊紳士さん。。。あなたって人は底しれませんね!(= ̄□ ̄=)
2015.11.08 23:15 | URL | #- [edit]
愛 says... "はじめさんへ^^"
そうです、ラノベってやつです☆
ラノベの定義みたいなものがよくわからない愛さんです。

愛さんがラノベというものを知ったのがこのモーテでした。
好きな絵師さんだったからこのお話を知り、たまたまラノベだった。。という感じです。

萌え系のイラストが多いような気もしますね( ̄-  ̄ ) ンー
確かに、私の中のはじめさんは、ラノベコーナーにいるのは想像できません。

絵本コーナーは、男性の方も多いんですがね^^

愛さんは、いやらしい系の本の前でも動じずに立っている人間なのですが、やっぱり男性からすると「早くどいてくれ!」って感じなのかな。。。?
。。。愛さんは何を言っているんだろう(笑)
2015.11.08 23:25 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
こちらにも、コメントありがとうございます~^^*

ライトノベルというジャンルは、この作品しか知らないのですが、こういう切ないお話もあるようです。

> 死にたくなくても死んでしまう運命……。

考えたこともなかった設定です。
その病気を乗り越えて幸せになる人物たちもいれば、死んでしまった人物もいます。
絶望も希望も、どちらも描かれている作品なので、重いシーンもあります。
最初の方は意味もよくわからなくて、苦しい気持ちが続いたかもしれません。

途中からは、純愛もあって、続きが気になって気になって止まらなかったのですが^^
絵本と違ってページ数も多く長いお話なので、時間も気力も必要だから、読んで読んでーー!とは言えませんが、もし良かったら、アマゾンなどでレビューを読んでみてください♪

今でも時々「モーテ」と検索してこのブログに来られる方もいるので、そこそこ読まれているのかも?
2015.11.08 23:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/271-fe4b9ec0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。