FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   6 comments   0 trackback

絵本『うんこのえほん がっこうでトイレにいけるかな?』~村上八千世 文/せべまさゆき 絵~:感想:



『がっこうのトイレと おうちのトイレは ちがうトイレだもん!』

『がっこうで べんきょうのじかんに トイレにいきたくなったら・・・どうしよう?』



うんこのえほん がっこうでトイレにいけるかな?




今日紹介するのは、


村上八千世 文
せべまさゆき 絵

【うんこのえほん がっこうでトイレにいけるかな?】
4歳ごろから~

<ほるぷ出版>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

※図書館のシール部分をふせんで隠しています^^




昨日の記事の次に紹介するのがこれかよ!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
と思ったそこのあなた!

私もそう思いますΣd(≧∀≦*)笑


紹介する絵本はだいたいがその日に選ぶのですが、今日の気分で感想が書けそうなのがこちらでした。
どんな気分なんだよってね(笑)


さて、こちらの絵本ですが♪

最近のお家のトイレはほとんどが洋式で、和式のトイレを知らない子どもたちが増えてきています。

学校でトイレに行くって、けっこう気をつかったり、ストレスになる子どもたちって多いと思います。
そんな子どもたちのために描かれた絵本でした♪


****あらすじ****

おうちのトイレには一人で行けるけど、学校のトイレには一人で行けるかわからない。

だって、お家と学校のトイレは使い方が違うから。

どうやって使えばいいの?

それに、授業中にトイレに行きたくなったら、どうすればいいの?

わからないことがたくさんあって不安だよ―

**********



今でも和式のトイレしかない施設はありますよね。
こんな時、とっても困ります。。
うちの息子くんもですが、和式は絶対に嫌がります(ω |||)

親が一緒のときは、洋式トイレがある施設を探してあげることもできますが、これからいろんなシーンで、和式トイレオンリー施設に一人で挑んでいかなきゃいけないこともあるでしょう。

そんな時、せめて和式トイレの使い方を知っていれば、少しでも不安を取り除いてあげることができると思います^^*


またいで座ること。
座る向き。
汚物がはみ出さないように使えるコツ。
水の流し方。
はみ出してしまった場合の対処。


うんこのえほん がっこうでトイレにいけるかな?2

そんなことを、楽しい文と絵で説明してくれます(^-^*)/
やっぱり絵があると子どもたちもイメージしやすくていいですね♪


それから、授業中にトイレに行きたくなった場合のお話。
嫌ですよね~授業中に行きたくなるの。。。
私もあの緊張感に襲われた恐怖の思い出がいくつもありますよ(笑)

特に小学校1年生になる子は、保護者の方も含めて不安に感じておられるのではないでしょうか。

そこで、こちらの絵本を読むと、先生に「トイレにいってもいいですか?」と言える練習ができるようになっているのです。

それでも不安というのは拭いきれないと思いますが、こうしたらいいんだという知識が少しでもあれば、実際に困ったときにその子を助けてくれる勇気が生まれてくると思います。




⇒がっこうでトイレにいけるかな? うんこのえほん




この絵本に、世界のトイレが紹介されているページがあるんですが、すんごいのがあるのですね(;゚Д゚i|!)

扉がなかったり、川の中でロープを使っておしりを拭いたり、ブタが汚物を食べたり。。。

日本の和式トイレなんてよっぽど進化しています☆


そうそう、絵本の最後にはですね、保護者や先生が子どもたちにアドバイスしやすいようにメッセージが書かれているので、参考にしてみてくださいね^^*

そしてこの絵本にはなんと、原寸大和式便器ポスターが付いております!


お家で練習するもよし、壁にはって説明するもよし!

こういう絵本をどんどん利用して、肩の力を抜いて楽に子育て、教育していけたらいいですね(*≧∪≦)



ではまた明日♪
 


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
関連記事

スポンサードリンク

Comment

雨降りさん says... ""
あ~、そうですね~。
今はトイレってほとんど様式ですものね。
それだけでなく、学校や幼稚園でトイレするの勇気がいったなぁ。
何でも悪い意味で目立ってしまっていた私は、やんちゃな男の子たちにからかわれたりするのが怖かったのです。

こういう絵本が増えて、私みたいな子が堂々とトイレに行けるようになると嬉しいです。

愛さんが紹介してくださると、困っているお子さんや親御さんも勇気が出るし、はなす良いきっかけになると思います。

ありがとうございます。
また、愛さんのおかげで不安な親子が減りそうですねw
2015.11.02 21:28 | URL | #- [edit]
吟遊紳士 says... "えらい!"
>激熱です!!σ゚ロ゚)σ笑

愛さん・・・激熱にさらに吹いてしまいました(≧∇≦)/

それにしも・・・
学校でトイレに行くのは嫌だった~
だって・・・男子は・・・
大用トイレに入るだけでバカにされてしまうんです・・・

ですからどうしてもダメな時は授業中に
手を上げて行くほうが恥ずかしくなかった・・・



考えてみれば家は洋式、学校は和式なんですよね。
こんなデリケートな事、子供の身になって考えたことなかった。

イイ絵本を紹介~愛さんえらい!
2015.11.02 21:42 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
コメントありがとうございます^^

そうなんですよ~☆
「和式しかないよおかあさ~ん!」という声をよく耳にします(笑)

学校でトイレに行くのって、勇気入りましたね><
みんな同じように悩んでたんだな~。
男の子はデリケートな部分にずかずか入ってきてましたね;

なんでも、“知っている”というのは武器になると思うので、すこしでも知識を与えてあげられたらいいなと思います^^
本当は自分でどんどん調べてほしいのですが。。なかなか簡単にそうもいかず(笑)

こういう絵本がもっと子どもたちに届くと嬉しいです♪
2015.11.04 16:53 | URL | #- [edit]
愛 says... "吟遊紳士さんへ^^"
激熱愛さんにコメントありがとうございます~♪笑

そうか。。。男の子はバレちゃうのでしたね。。

それを聞いて思い出しました!
中3の時に、毎朝学校でトイレに行く男の子がいたんです。もちろん大です(笑)
で、朝礼が始まってもなかなか教室に戻ってこない日も多くて。。

「あいつはまたウ○コで遅刻か!」って担任も笑ってて、なぜ笑えるかというと、本人がですね、

「あ~今日は出んかった~かたいわ~」とか、
「やばい!今日マジですっきり!」とか、報告しながら戻ってくるんですよ(笑)

そこまで言われると逆にいじめられないものなんですよね~。
イケメンなわけじゃないですが、わりと人気者な男の子でした^^
そういう性格をうらやましく思っていたな~。

> イイ絵本を紹介~愛さんえらい!

ぐふふ。。。///
愛さんがまた調子に乗りますよ。。///
2015.11.04 17:00 | URL | #- [edit]
ばひゅっと2 says... ""
うちの小学校は町に米軍基地があるのでクラスに一人や二人は外人さんがいる関係で、洋式が一つはあるのですが、女の子たちはやっぱりその洋式を奪い合うようです。和式はなかなか難しいようで。
上の子は小さい時から和式にも挑戦してたですが、二番目はあんまりそういう機会もなかったので未だに難しいみたいですね。特に小さい子だと脚力も弱いから和式は辛かったりします。特にうんちは拭くのも大変になるでしょうしね。

そうそう、そういえば、近所のスーパーの和式トイレには図入りで使い方が描かれています。英語入りで。外国人の方にも、この絵本は大事かも知れませんね。^^
2015.11.05 09:17 | URL | #- [edit]
愛~あい says... "ばひゅっと2さんへ^^"
やっぱり、洋式があれば洋式がいいですよね☆
私もそうです(笑)
そういえば脚力の問題もありますね!
ぷるぷるしちゃう。。。

外国の方!そうですね!外国の方も和式は難しい方もおられますよね!
日本のトイレは世界的に有名だから、和式だった場合それはそれで驚くのかな☆

ご近所のスーパーはやさしいスーパーですね^^*
こういう気配りができるお店でお買い物したいな~♪
2015.11.05 15:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/266-68cdb4db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。