FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   6 comments   0 trackback

絵本『しんかんくん けんかする』~のぶみ 作~:感想:



『うわあんあん、もういやだ。かんたろうなんて、だいっきらい、だいっきらい!』

『じぶんが おなじことされたら どうおもう?』



しんかんくんけんかする




今日紹介するのは、


のぶみ 作

【しんかんくん けんかする】
4歳ごろから~

<あかね書房>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

※図書館のシール部分をふせんで隠しています^^




こちらは、今最も話題になっている絵本、


ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)(Amazon)
ママがおばけになっちゃった!(楽天ブックス)


「ママがおばけになっちゃった!」と同じ、のぶみさん作の絵本となります^^


“しんかんくん”はシリーズもので、書店でも目立つ場所に置かれていることの多い、人気の作品です。

のぶみさんの息子さんと同じ名前の“かんたろう”という男の子が登場します。
かんたろうと仲良しのしんかんくん。
今回はケンカをしてしまったようです。

“ごめんなさい”という言葉や、“相手の気持ちを考える”ことの大切さをのぶみさんらしくやさしく教えてくれる絵本でした。




****あらすじ****

しんかんくんは、かんたろうのことが大好き。

かんたろうの持っているものも好きで、いつも貸してほしくなります。

あるとき、お面を貸してほしいというしんかんくんに、かんたろうが“これは だめ”と言いました。

すると、そのお面がビリッと破れてしまったのです。

かんたろうがかしてくれないからだ!

しんかんくんがいつもかしてっていうから!

ふたりは初めてケンカをしてしまいました。

しんかんくんは泣きながら街へと飛び出していきました。

しんかんくんけんかする2

しんかんくんが泣いているのをみて、街の人たちが話を聞いてくれました。

そして、“ごめんね”って謝った方がいいよと言ってくれました。

けれど、しんかんくんは、みんながその方がいいよっていうから“ごめんね”というんだと言います。

するとレールくんがそれは違うよって教えてくれました。

「じぶんがおなじことをされたら、どうおもう?」

しんかんくんは、やっとかんたろうの気持ちがわかりました。

謝ろうと決心したものの。。。どうやって言えばいいのかわかりません。

しんかんくん、大好きなかんたろうに自分の気持ちを伝えることができるでしょうか―

************



しんかんくんは、“ごめんね”と言う練習をするのですが、なかなかうまく言えません。
そこで、レールくんがしんかんくんに“お面をつけて言ってみたらどうだろう”と提案してくれます。
そうしたら、素直な気持ちが言えるかもしれないということですね^^*

でも、しんかんくんにピッタリな大きさのお面がありません。
しんかんくんは、自分でお面を作ることにしました。
そしてそれを知った街の人たちが手伝ってくれます。

しんかんくんけんかする3

出来上がったお面をつけて、かんたろうのところに行ったしんかんくん。
いざかんたろうを目の前にすると、やっぱり上手く言葉が出てきません。

涙が出てきました。
せっかく作ってもらったお面も壊れてきました。

それでもちゃんと、しんかんくんはかんたろうに謝ることができましたよ^^
その時のしんかんくんはとっても微笑ましいです。
よく言えたね、がんばったねってギュ~ッてしてあげたくなります。

その後は、かんたろうもしんかんくんにごめんねと言って、仲直りできました♪




⇒しんかんくんけんかする




謝るのって、勇気いりますよね。。

それにしても、新幹線が街を自由に行き来して、ましてや自分の家に遊びにくるなんて、なんて夢のあるお話なんだろう☆
街の人も、当たり前のようにしんかんくんを受け入れていて、楽して優しいこんな街に住みたいなと思うほどでした^^

ケンカして、ごめんねというだけでなく、なぜその言葉が大切なのかという部分がきちんと書かれているので、子どもに聞かせてあげたいと思った絵本です。


そうそう!
この絵本の終わりに、切り取ってお面を作れるページがあります。
そのお面をつけた写真を撮ってお手紙を送ると、のぶみさんが必ずお返事を書くよとメッセージがありました。
2010年発行の絵本だけど、期限はないようでしたよ^^


ではまた明日♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
関連記事

スポンサードリンク

Comment

吟遊紳士 says... "下世話な話し"
『ママがお化けになっちゃった』の大ヒットで
どれだけ儲かったのだろうと・・・考えてしまう私は
下世話な大人です(*´﹃`*)

新幹線の車両が家に遊びに来るって・・・邪魔だろうなぁと
ついツッコミを入れたくなってしまう^^;

リアル世界では友達とは喧嘩してもいつの間にか仲良くなってしまう。
だから、あえて謝ったりするとギクシャクしてしまうのでは?と・・・
逆に心配してしまうのは取り越し苦労でしょうか・・・


大人社会では『謝るのはただ』などと言ってペコペコ頭下げまくるポーズよりも
大切なことは『素直な反省』が出来るかどうかだと思っています。

っと・・・絵本に突っ込みをいれてしまいすみませんでした(*_*)
2015.10.06 17:24 | URL | #- [edit]
愛 says... "吟遊紳士さんへ^^"
ママがおばけ~の絵本、私のサイトから購入してくださった方だけでも、数十名いらっしゃいます☆
日本全体でみると。。。本当にたくさん売れてるんだなと感じますね。
のぶみさんは、NHKの子ども向け番組にも絵や歌詞を提供されているようです。
けっこうすごい方でした。。

確かに、新幹線が空から遊びに来るって電線問題もあるし、実際にはありえないですね(笑)

ふむふむ。
そうですね、謝りすぎるのも逆に距離ができますもんね。
ただそれは、“ごめんね”の気持ちがちゃんと心にあって、表情や態度に知らず知らずに出るようにならないと難しいので、幼い子にはやっぱりまずは言葉にさせてあげるのがいいかなって思います^^*

「素直な反省」って難しい。。
こないだ鍵コメでお話させていただきましたが、やっぱり私の方も悪かったな~って思いがあって。
でもそれを認めようとすると悔しかったり、自分がつぶれそうになったり。。
もう少し時間がかかりそうです^^;

絵本ってのは、大人の方が考えさせられますね~。
2015.10.06 17:56 | URL | #- [edit]
JADE says... ""
凄くたくさんの絵本を描かれてるんですよね、のぶみさん。仮面ライダーシリーズはちょっと苦手なのですが(笑)しんかんくんは大好きです(^^)我が家にも一冊あります。
しんかんくんシリーズに町の人として登場する人物の中にいつもお寿司屋さんがいるんです。のぶみさん、お寿司好きなのかなぁ~。
2015.10.06 18:14 | URL | #AmdcrylY [edit]
さおり says... ""
我が家もしんかん君とお姫様幼稚園シリーズは大ファンです。
のぶみさん、文体は少し面白い表現多いなぁと思いますが、絵が子供にも大人にも読んでいて楽しめる作品ですよね。
のぶみさん、意外に近所在住の作家さんなので地元ネタがぽろぽろあってたのしんでます
2015.10.07 14:28 | URL | #- [edit]
愛 says... "JADEさんへ^^"
コメントありがとうございますー^^

そう、のぶみさんの作品、思っていたよりずっと多くてビックリしました☆
あまりピンとこない作品もありましたが、しんかんくんシリーズは面白いですね^^
まだ知らない作品もあるので、借りてこようと思います。

あ!ほんとだ!お寿司屋さんがいました!
他の作品でも探してみます♪
2015.10.07 21:26 | URL | #- [edit]
愛 says... "さおりさんへ^^"
コメントありがとうございます~^^

お姫様幼稚園、女の子がいたらきっとハマっていると思います♪
私がちいさい頃に出会っていたら、確実にいつも読んでいただろうな~(笑)

のぶみさんの作品は、不思議なところもありますが、全体的にほんわかとしていて読みやすいですね^^*
ご近所さんなのですね!!すごい!!
地元ネタは面白そうですね!
ここかな~って探してみます^^
2015.10.07 21:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/238-08fdee89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。