FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Posted by 愛~あい~   10 comments   0 trackback

絵本『うみやまてつどう さいしゅうでんしゃの ふしぎなおきゃくさん』~間瀬なおかた 作/絵~:感想:



『でんしゃは、デデトト ガタタン ガタトト デデデン ゆっくりと やまを のぼっていきました。』

『ぽんぽこまつりの はじまりでーす。』



うみやまてつどう さいしゅうでんしゃの ふしぎなおきゃくさん





今日紹介するのは、


間瀬なおかた 作/絵

うみやまてつどう
【さいしゅうでんしゃの ふしぎなおきゃくさん】
4歳ごろから~

<ひさかたチャイルド>



*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

※図書館のシール部分をふせんで隠しています^^




この絵本を読んだ後、ほんわかほっこりしていた愛さんです(*´∇`*)

なんといいますか、おばあちゃんのお家に行ったような、懐かしくて、素朴な1冊でございました^^

ストーリーはユーモア、それにちょっとしたしかけもあって、子どもたちがわくわくするような要素が散りばめられていました♪

電車が好きな子、動物が好きな子にも、おススメです。




****あらすじ****

やまおく行きの最終電車がやってくるころ、うみべ駅はおおぜいのお客さんで溢れていました。

なぜだか、みんなまるまるとしています。

どのお客さんも“ぽんぽこやま”行きの切符を持っています。

駅員さんたちは、いつもとは違う景色に首をかしげていました。

最終電車がやってきました。

とても乗り切れそうにないほどの人がいるのに、どういうわけかどんどん電車の中へ入っていきます。

それでも電車はパンパン。

うみやまてつどう さいしゅうでんしゃの ふしぎなおきゃくさん2

ふくらんだ電車がぽんぽこやま駅に向かって出発しました―

************



ぽんぽこやま駅の駅員さんたちもビックリです!
到着した電車からは信じられないほどのお客さんが降りてきました。

そして更に驚いたのは、受け取った切符が全て葉っぱに変わってしまったこと。

“ぽんぽこ”、“葉っぱの切符”

この2つのキーワードでだいたい想像できますよね、その正体(o^-^o)


急いでお客さんを追う駅長さんと駅員のあさのさん。
ふたりは、子どものお客さんが言っていた言葉を思い出します。

『ぽんぽこやまは どっち?』


ぽんぽこやまへ近づくと、話し声が聞こえてきて、そのうち太鼓の音が鳴り始めました♪
たくさんのお客さんの目的は、お祭りだったのです。

そして、夜が明けるまで、“ぽんぽこ”たちは踊り続けました。

駅長さんとあさのさんも一緒に(笑)
ふたりは楽しくなっちゃったんですね(^ー^* )フフ



さてさて、翌朝いちばんの電車は、またもパンパン!
まんまるなお客さんは疲れたお顔^^
眠そうなお顔や、あらら、しっぽが出ちゃってるお客さんも☆

でも、駅員さんたちは何にも言わないんです。
切符が葉っぱだってわかっているのに、
「また きてくださいね!」ってやさしい声かけ^^*

この葉っぱも無駄にはしません。
駅員さんたちにとっては、特別な葉っぱになったようです。




⇒さいしゅうでんしゃのふしぎなおきゃくさん うみやまてつどう






とにかく優しい絵本でした。
この絵本の世界のように、もっともっと人間と動物たちが仲良くできたらいいのに。

ジブリ映画の「平成狸合戦ぽんぽこ」という作品を思い出しました。
この作品のラストは切ないものでしたが、動物たちの痛みに気づいた人間がちゃんと存在していることが嬉しくなるものでもありました。
どんなに難しくても、“共存”していける世界を目指したいですね(*^-^)



この絵本はシリーズものです。
他の作品を読んだ際にはまた感想を書きます^^

裏表紙↓

うみやまてつどう さいしゅうでんしゃの ふしぎなおきゃくさん3

駅長さんの忘れもの(笑)
どこに忘れてきたか、探してみてください^^



ではまた明日♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
関連記事

スポンサードリンク

Comment

吟遊紳士 says... "絵も好き♪"
面白い。単純に面白い絵本ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
絵もイイ感じです。
ほのぼのする、こんな作品は子どもと一緒に読みながら楽しくなりそう♪
このシリーズ?好きだなぁ~^^;
2015.09.30 17:29 | URL | #- [edit]
雨降りさん says... ""
愛さん、こんばんは!!
私もこちらの絵本、図書館で借りて読んだことがあります。
ほっこりして、かわいい絵本ですよね(^_-)-☆
また、読みたくなりました。
2015.09.30 19:22 | URL | #- [edit]
woodship says... ""
こんにちわ

人の住みやすい世界だとしても
動物たちにとって住みやすいとは限らない。
自然にやさしく、動物や虫たちにやさしい生活を
することが、共存するためには必要なのかもしれないですね。
何だか愛さんの文章を読んで色々と考えさせられました。
2015.10.01 00:28 | URL | #- [edit]
はじめ says... ""
絵本はいいお話のようですが・・・現実の満員電車は酷いもんです。
つぶされるかと思ったこと、何度もあります。
足踏まれるなんて、日常茶飯事です。
怖いおじさんに、突き飛ばされたこともありました。
痴漢に間違われたこと・・・は、さすがにないです。
会社に着くまでに、もうくたくたです。

ま、若い頃の話ですけど。今はチャリンコなんで楽。
2015.10.01 13:20 | URL | #- [edit]
ばひゅっと2 says... ""
絵本と言うか、アニメ絵っぽい感じなんですが、パパはあさのさんがかわいいので大好きです(笑
先月、新作が登場したんですが、まだ勿論読んでいません。
こちらを覗いていると、読みたい絵本がどんどん増えていきます。
2015.10.02 11:24 | URL | #- [edit]
愛 says... "吟遊紳士さんへ^^"
コメントありがとうございます^^

ほのぼの可愛い絵本でしょ~♪
癒し効果抜群の絵本でした。

棘がなくって、とにかく安心できる素敵な作品でした。
こういう絵本はきっと、子どもたちの心にもす~っと寄り添ってくれるのでしょうね。
おばあちゃんのように^^
2015.10.02 21:06 | URL | #- [edit]
愛 says... "雨降りさんへ^^"
コメントありがとうございます~!

雨降りさんもご存知だったのですね♪
本当に、ほっこりしていました///
もっと、こういう絵本を借りたくなりました。

安心感に包まれて、気持ちよく一日を終えることのできる作品ですね^^
2015.10.02 21:08 | URL | #- [edit]
愛 says... "woodshipさんへ^^"
コメントありがとうございます!^^

ただ人の住みやすい世界を作っていったらいけないんですよね。。
山を切り崩して、動物たちの居場所を奪って、街に出てきたら命を奪う。。
そんな世界はもう嫌です><

人間だけの地球じゃないと気づかないといけないですね。
巡り巡って、動物たちの恩恵を受けているのですから、優しさを返せる人でありたいな^^*
2015.10.02 21:13 | URL | #- [edit]
愛 says... "はじめさんへ^^"
コメントありがとうございます^^

本当の満員電車というものを体験したことのない愛さんです☆
広島は田舎なので、満員といってもしれてますから。
ライブハウスで前列へ突っ込んだ時のあの苦しさに似ているのかしら。。
だとしたら、乗る前にそうとうな覚悟がいりますね。。

私も、自転車通勤を選ぶと思います^^;
2015.10.02 21:30 | URL | #- [edit]
愛 says... "ばひゅっと2さんへ^^"
コメントありがとうございます^^

あさのさん、かわいいですね(笑)
駅長さんも面白かったです。
こういう素朴な絵本をもっと読んでみようと思います。

新作が出たんですね!
それはぜひ読みたいです!情報ありがとうございます♪

> こちらを覗いていると、読みたい絵本がどんどん増えていきます。
とっても励みになるお言葉です;_;
私も、みなさんのブログで知った作品で読みたい絵本リストがあふれています(笑)
2015.10.02 21:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ehondeattakalife.blog.fc2.com/tb.php/232-ba619eb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。