FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 愛~あい~   2 comments   0 trackback

画集『斬華-ざんか-』~カズキヨネ 著~:感想:



『流麗にして繊細―カズキヨネの世界』

『そのとき描いた絵が、自分の絵だと思うんです。』



斬華





今日紹介するのは、


カズキヨネ 著

【斬華-ざんか-】
画集

<エンターブレイン>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*




今日は絵本ではなく、こちらの画集の紹介をしたいと思います^^

私のブログには、日々イラストを描かれている方たちも多く訪れていただいているので、私が参考にしてきた画集を載せてみます♪


こちらの「斬華」は、私がもっとも尊敬している絵師・カズキヨネさんの初の画集になります。
初版発行は2008年なので、今の彼女の絵はもっと成長されていますが、このころには、
胸を締め付けられるような切ない感覚になる繊細な絵は出来上がっていたのですね。

彼女が得意としているのは、鬼や狐など、「和」に通ずるものです。

キャラクターの表情はもちろん、衣装などのデザイン力もある方です。

ゲームキャラクターデザイン、原画、小説挿絵などを手がけられています。


この画集に載せられている作品

・緋色の欠片
・緋色の欠片~あの空の下で~
・翡翠の雫 緋色の欠片2
・緋色の欠片(壱の章、弐の章、参の章)
・華鬼
・ロスト・アヤ・ソフィア
・蒼のままで
・ふしぎ遊戯 玄武開伝 外伝 鏡の巫女
・星の降る刻
・闇夜にささやく~探偵 相楽恭一郎~
・オリジナル作品




「薄桜鬼」という、新選組を題材にした乙女ゲームがあるのですが、この作品で彼女の名前は知れ渡っていくようになったと思います。

⇒2015年09月25日発売 薄桜鬼 真改 風ノ章 限定版 【予約特典:ドラマCD】 はこちら

アニメ化や舞台化もされており、とても人気のある作品です。
舞台の薄桜鬼では、沖田総司役を、私が好きな俳優・窪田正孝が演じ、さらにこの作品を好きになりました^^

薄桜鬼の画集はまたの機会に紹介しますね。


斬華2


このように、完成イラストとともに、下描き段階のイラストも載せられていて、模写の練習がしやすくなっています。

モノクロイラストもあるので、それを参考にペン入れの練習もできます。

中でも興奮したのは、

「カズキヨネのイラストメイキング術を大公開!」

というコーナーで、彼女のイラストが出来るまでの工程を紹介してくれています。

全部で12工程。

思わず「すげ~~~。。。」と感嘆のため息がでました(笑)


彼女のイラストを見ながら練習して、なんとなくオリジナルで描いてみたキャラクター

斬華4

中途半端な下描きでごめんなさい^^;
もっといろんな角度から描けるようになりたいな。



斬華3


彼女の作品には、子どものキャラクターも多いのです♪
活き活きとした表情が大好きです^^



うっとりしてしまうほどの幻想的な世界を楽しんでみてください^^


⇒斬華 カズキヨネ画集





今日は、息子くんの登校時間ピッタリに休校のお知らせメールが来て、
すでに制服に着替えてランドセルも背負っていた息子くん、「んあーー!」と言っていました(笑)
登校時間の約15分前に、突然の警報解除。。。
7時までに解除されたら普通だと学校があるのに、今回はさすがにお休みになりました。。

慌ただしい朝だった☆

ということで今日から夏休み突入です!
恐怖です!(笑)


ではまた明日♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

スポンサーサイト
Posted by 愛~あい~   4 comments

画集『NARUTO 岸本斉史 画集 UZUMAKI』~集英社~:感想:



『僕にとってのヒーロー像っていうのは“ワンパク坊主”なんです。』

『落ちこぼれが、がんばるっていう図式が好きなんですよね、僕は。』



ナルト画集





今日紹介するのは、


岸本斉史 著者

【NARUTO 岸本斉史 画集 UZUMAKI】

<集英社>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*



すみません今日は絵本の感想を書く時間がなくなってしまったので、
こちらの画集の紹介をしてみたいと思います☆

「○○○ 画集」

と検索して私のブログに辿りついてくださる方もチラホラといらっしゃいまして、
ちょうど持っているし、絵を描く方とのつながりもできればと思ったので記事にしてみることにします^^



NARUTOという作品は、私が最も愛している漫画です。

週刊ジャンプで連載されていました。
忍者漫画です。
15年の連載を経て今年、完結しました。

ある事件をきっかけに忌み嫌われ、両親を失い、孤独で、落ちこぼれ、
そんな運命を背負ったひとりの少年、ナルト。
それでも明るく生きて、がんばろうと立ち向かうナルトの姿に光をもらえる作品です。

ストーリーについて語りだすと、おそらく3か月は語れるくらいなので控えます。。(-`ω´-;A

本当に好きで、息子くんに伝えたいメッセージは全てNARUTOの中に描かれているので、
万が一の時の遺書代わりにもなると思い、全巻揃えてお家に置いています。マジです。

もう少し大きくなったら読んでくれるかな。



で、この画集は、

2004年までのイラストが入っているのかな??←きくな

2009年と、2015年にも画集が出版されているのですが、こちらの画集はNARUTO初となります^^


70点以上のカラーイラストがあり、私は主に表情の勉強をさせてもらいました。

ナルト画集2

ナルトと、師匠の自来也です。
この2人が一緒にいるだけで泣けるあなたはかなりNARUTO通ですね(σ´з`)σ


岸本先生の1枚のイラストが生まれるまでの過程を写真つきでかかれているページや、

インタビュー、全てのイラストの解説もあります♪


最初の頃のイラスト集なので、まだまだ粗さはありますが、それが好きです。

表情や服のシワ、構図、背景、手足の動き、陰影、

学べるものはたくさんあります。


ネットで調べれば描き方は学べるんですが、やはりを手元に置いて見るのとは全然違う気がします。

本の方が、頭にスッと入ってくる気がするのは私だけ?


過去に、何度もNARUTOの模写をしてきました。

その集大成がこちら



ナルト画集3


何巻だったか忘れましたが、表紙の絵を模写しました。

残念ながらお金がなくてコピックが買えなかったので、
家にあった水彩色鉛筆で描きました。

影のつけ方と服のシワはかなり習得できた気がします。



岸本先生は、色の使い方も上手くて、とてもバランスのとれた絵を描かれます。

派手なのに、目にやさしい絵。


アニメが始まると、先生もあえてアニメのタッチに寄せていったそうなので、
こちらの初代画集は、より先生の内面をみることができると思います。

アニメからNARUTOを知った人が、漫画をみた時の違和感がないように、アニメに寄せたんですって^^


そうなる前のこちらのイラスト集、よかったら見てみてねヽ(*^∇^*)ノ


⇒UZUMAKI 岸本斉史画集 NARUTO (ジャンプコミックス)




ずっと絵を描き続けていると、省くことがうまくなる気がします。
それは決して楽をしているわけではなく、
伝えたいものがハッキリとわかってくるからだと思います。
必要か、そうじゃないか。

わからない時は、なんでもかんでも描き足してしまいますからね。。

私はまだまだ文章を書くのが下手で、不要なことまで書いて、やたら長い記事を書いている。。
ずびばぜん。。(*T_T*)(注:すみません)



くりかえし。ですね♪


好きな絵の画集を1冊買ってみてください(^ω^)

なにを描いたらわからない場合は、模写がおススメです。

模写を続けていると、自分の癖がみつかってきます。
そしてその癖を集めると、オリジナルができます。

絵がうまいってうらやましい。。。

でも、うまい、というより、

自分の内面を形にして表現しているということがうらやましいのかもしれない。



私もいつか絵本を作りたい。


たくさんの本を読んで、私が伝えたいメッセージをみつけて、

そのメッセージをより心に響かせることのできる絵を描けるように、

がんばっていきます♪



●2015年発行の画集はこちら

⇒NARUTOイラスト集 UZUMAKI NARUTO (Jump comics)




ではまた明日♪



ランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。