FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 愛~あい~   7 comments   0 trackback

読書感想文なんて大嫌い!!な私が、毎日絵本ブログを書いている理由。



こんばんは、愛です^^

今日は、絵本の感想記事ではなく、夏休みの宿題でもおなじみの、

「読書感想文」について、私の思いを書いてみようと思います♪


「読書感想文」「感想文」と検索して、このブログに辿り着いてくださった方もたくさんおられると思います^^


私はですね、読書感想文がそれはそれは大っっっ嫌いな子どもだったんですよ(;゚Д゚i|!)

自由研究よりも、絵を描くことよりも、なによりも嫌いだったのが読書感想文でした。

そんな私が、今こうして毎日なにかしら作品の感想を書いている。。
あの頃の私が知ったら、「はあああ???」というと思います(笑)


どうしてこのブログを始めようと思ったかというと、息子くんへ読み聞かせをした大量の絵本がお家に眠っていたからです。

息子くんを楽しませようと、毎晩、心を込めて声に出して文章を読んでいました。
すると、気づいたんです。
「あ、絵本ってこんなに楽しいものだったんだ!」って。

息子くんの成長とともに読まなくなった絵本がたくさんあって、もったいないなって思ったんです。
それで、少しでも絵本のおもしろさを共有できたらと思い、ブログを始めました^^


最初のころのブログの記事をみると、文章書くのヘタクソだなーー!って思います^^;
今も上手いわけではないんですが、書き上げる時間も早くなったし、書くことも苦ではなくなってきました。


学生時代はとにかく感想文が嫌いで、あらすじやあとがきをマネして写し、そのまま「ただ提出」をしていました。


今思えば、感想文を書くのって案外難しくなかったです☆


おもしろい!!と思った本や、映画、出来事、なんでもいいです。
このおもしろさを誰かに伝えたい!!ってことあるでしょ?

それをそのまま紙に書けば、感想文になるんです(゚Д゚)

肝心なのは、自分がおもしろい!と思う作品に出会うこと^^

私はとにかく「読書感想文なんて大嫌い!!!」という思いしかなくて、文字数の少ない本をひたすら探し、
自分がおもしろいともなんとも思わない本を選んでしまっていたから、感想文が書けなかったんです。。><


たとえ文章が多くても、自分がおもしろいと思う作品に出会えていたら、用紙10枚だって平気で書けていたと思います。

だって、好きな映画や歌や漫画に出会うと、マシンガントークしちゃいますもん(笑)

「誰かに伝えたい」

そう思うだけで、感想文のハードルは一気に下がるんだと気づきました。


でも、読んでみないと作品のおもしろさなんてわからないですもんね!
だから、1つのレビューとして、私のブログが誰かの参考になればいいなって思って、作品紹介の記事を書いています^^

その作品の伝えたいことがわかれば、そこから興味を持って、楽しく本が読める場合もあると思うんです。


嫌々読むより、楽しもう!と思って読んだ方が、伝わってくるものも多いですからね(^∀^*)


そうだ!
「誰かに伝えたい」「感想を書くぞ」と思って本を読んでいると、ただ読んでいた時にはみえなかった作者の想いをみつけれるようになってきました!

無意識に注意深く読んでいるのでしょうね^^*


読書感想文は、どんなに嫌がってもついてきますから(やらねばならない。。)、楽に書けた方がいいですよね♪
まずは、おもしろいと思う作品に出会うことが、壁を乗り越える近道かもしれません(* ´皿`)

もしも感想文で悩んでいる方がおられましたら、このブログが参考になればなって思います^^
あ、でも、まるまるそっくり写したら、著作権問題というのがあるので、そこはご注意くださいね(笑)


あらすじをまとめることには苦労しています。。。
難しい。。。(≡ε≡;)
まだまだ勉強中です。


感想文は上手くないですが、それでもこのブログを続けているのは、やっぱり、

子どもたちに「あたたかい心」を贈ってあげたいからだと思います。

絵本を通して、豊かな心を手に入れ、あったかい人生を送ってほしい。

絵本にはそうできる力があると信じています^^*

本当は、私が絵本を作れるといいんですけどね。。。
これも勉強中です><


なんだかまとまりのない記事になってしまいましたね(汗)
ごめんなさい((=゚Д゚=))

みなさんが、心の柱となる作品に出会えますように(^∀^*)



ではまた明日♪




●私の心の柱となっている絵本●

やさしいあくま
(amazon)




2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*


スポンサーサイト
Posted by 愛~あい~   5 comments

読み聞かせっていいな^^



みなさんこんばんは、愛ですσ(o’ω’o)
なんと、今日はこんなに夜遅くなってしまいました。(現時点で23時半。)

久しぶりに姪っ子ちゃんのところへ遊びに行っていました☆

ということで、ごめんなさい、絵本の紹介はお休みさせてください><


その代わりに、やっぱり読み聞かせっていいなって思ったことを書きたいと思います♪



子ども部屋



今日、私のお姉ちゃんが、1歳になる娘ちゃん(わたしの姪っ子)に、絵本の読み聞かせをしているところを見ていました。

姪っ子ちゃんは、絵本を見ながらキャッキャキャッキャと大喜びでヽ(≧∀≦)ノ
絵本の世界を楽しんでいるようでした。


けれど、それ以上に、お母さんの笑顔を見て笑っていたように感じました。


お母さんが楽しそうに読んでくれるその姿こそが、姪っ子ちゃんにとって嬉しいものなんだろうと思います。



ああ、読み聞かせって、

コミュニケーションをとるための1つの方法なんだなって思いました。



読み聞かせをすることで、本を好きになる、言葉を覚える、想像力がつく、というのはもちろんあるのですが、それ以上に子どもたちにとって素敵な贈り物となるのは、


読んでくれる人の笑顔と、声なんだなって気づくことができました。


そこにはきっと読み手側の愛情がたくさん入っていて、子どもたちは敏感に感じ受け取ってくれるのだろうと思います。



大きくなっても、読んでくれた人のその姿は忘れないのでしょうね(*ノ∪`*)



絵本やおもちゃがたくさんある中から選んだものを、姪っ子ちゃんはよちよち一生懸命歩いて、お母さんや私のもとへ持ってきてくれました。
何度も、何度も。

そして、こちらが反応するたびに嬉しそうに、幸せそうに笑ってくれて。
キラキラとした目は、私にも幸せをわけてくれました。


たくさんの世界をみせてあげて、たくさんのキラキラをみつけることのできる目と心を、贈ることのできる人になりたいな。




今日も寝る前に、息子くんが「なにか本読んで」と言ってくれました。

正直、ゲッ。。。って思いました。眠いので(笑)

でも、1冊だけ、3分で読み終わる絵本を読んであげたら、満足そうに寝ました。



読んでよかった。息子くんは今8歳。
読み聞かせをしてほしいなんて、いつまで言ってくれるのかな。

さみしい。。ダメだ。こんな時間に1人パソコンに向かって語っていたら、アンニュイな愛さんが出てきてしまう(笑)


ってことで、今日はこんな記事になってすみません(´・ω・lll)
ボーっとした頭で書いたので、誤字脱字や、文法のおかしいところがあったら申し訳ないです(汗)


訪問、応援していただき、本当に感謝しています。
みなさんも良い夢を♪


ではまた明日ヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ



ランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。