FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 愛~あい~   5 comments   0 trackback

絵本『どんなきもち?』~ミース・ファン・ハウト 作/ほんま ちひろ 訳~:感想:



『自分のきもちを言葉にするのって、けっこうむずかしい。』

『子どもたちがきもちを素直につたえるための“こころ絵本”』



どんなきもち?




今日紹介するのは、


ミース・ファン・ハウト 作
ほんま ちひろ 訳

【どんなきもち?】
2歳ごろから~

<西村書店>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

※図書館のシール部分をふせんで隠しています^^



「気持ちをで表現しなさい」と言われたら、みなさんはどう描きますか?^^

こちらは、いろんな「気持ち」を、さかなたちが表現してくれている絵本です♪

こういう気持ちって、こんな風に表現したらいいんだ!と、子どもたちのお手伝いをしてくれるように作られた絵本だそうです。

さかなたちの表情をみるのも楽しいし、色彩豊かな絵をみることで視覚に刺激を与えてくれる作品でもありました。


「わくわく」「びくびく」「もじもじ」
「しょんぼり」「むしゃくしゃ」
「ゆうきをもって」「むねをはって」


などなど。

全部で20種類の感情を、絵でみることができますよ^^


例えば、「むかむか」。

どんなきもち?2


むかむかしてますね~(笑)

目つきも、鋭い牙も、“むかむか”というレタリングも、そして色も。
全てを使って「むかむか」を表現されています。


こちらは、「うきうき」。

どんなきもち?4

同じ黒背景でも、こうも受け取るイメージが違ってくるものなんですね☆


お次は、息子くんが笑った、「ぎょっ」。

どんなきもち?3

逆立った毛(うろこ)?や、見開いた目、あんぐりした口。

まさに「ぎょっ」(笑)


当たり前のような表情なんですが、さかなたちがいろんな表情を持っているというギャップもおもしろくて、「次は?次は?」ともっともっと見たくなる絵本でした^^*




⇒どんなきもち?



この絵本をみたときに、こちらを思い出しました↓

「かお かお どんなかお」の感想^^



表情(感情)が絵になったものをみるって楽しい!!

とくに私は、絵を描くのが好きな人間なので、なるほど~こう描けばこういう感情っていうのが伝わりやすいんだな~と勉強になりました。

それに、「色」の使い方も秀逸で、学ぶものが多かった絵本です。
色の組み合わせで、これまた受け取るイメージって全然違う♪

画材はなんだろう?
クレヨンだろうなとは思うのですが。
塗った後に何か尖ったものでひっかいて線を出す、スクラッチ技法も使われていました^^



ではまた明日♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

スポンサーサイト
Posted by 愛~あい~   0 comments

絵本『おつきさまこんばんは』~林 明子 作~:感想:



『おや やねのうえが あかるくなった』

『だめ だめ くもさん こないで こないで』



おつきさまこんばんは




今日紹介するのは、


林 明子 作

【おつきさまこんばんは】
0歳ごろから~

<福音館>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*


こちらは、絵本の人気ランキング上位でもよく見かける作品です^^

そんなに人気があるとは知らなかったんですが、息子くんがまだ「バブバブ」言っていたころ、我が家にもこの絵本がありました。

今思えば、息子くんが絵本を好きになるきっかけにもなった1冊だと思います♪

絵本を好きに、というか、「読み聞かせ」を好きになった。かな?(´^ω^)ノ



ではまずはあらすじを^^


****あらすじ****

くらいくらい、夜がやってきました。

おや、やねの上がぼんやり明るくなってきました。

あ!おつきさま!

こんばんは。

あ!くもさんがおつきさまをかくしてしまう!

「ごめん おつきさまと おはなししてたんだ。さようなら。」と、くもさん。

よかった~おつきさま、わらってる。

こんばんは。

************



とっても短いので、ネタバレしすぎないようにあらすじを書くのも難しいですね(´∀`;A



なんといっても、このおつきさまの表情がいいですね!!

やねの上からぼんやり出てきたときは、無表情

くもさんに隠されたときは、困り顔

そして、もう1度出てきたときには、満面の笑顔

この表情に、子どもたちは一喜一憂して、楽しめる絵本だと思います(o*・ω<)o




それと、くもさんがおつきさまを隠す理由がわたしは好きでした♪


「おつきさまと おはなし してたんだ。」


イジワルで隠したわけじゃない、このホッとする、やさしい理由がとってもいいなと思いました。

あ~そうか、それならしかたがないよね^^

って、子どもたちも納得しちゃう理由です。



それと、この絵本に出てくるお家の屋根のうえには、ねこが2匹いて、

この2匹が、読者の感情を見事に表現しています。

2匹はシルエットなんですが、この子たちの動きだけで気持ちを表している作者の林明子さん。

2匹に言葉はなく、こういった表現のしかたもあるのだと教えてもらいました(^ー^* )




●この絵本に関するうちの子エピソード●



先日、感想を書こうとあらためてこの絵本をもうすぐ8歳になる息子くんに読み聞かせをした時の話です。


読み終わって、

「おかあさん」と声をかけてくる息子くん。

「なあに?」と聞くと、なんともちいさな声で、



「ごめんね、こんなこといったらかわいそうだとおもうから、ちいさなこえでいうけど、


ぼく このおつきさまのかお。。。にがて。。。





。。。!!Σ(`д´/;)/ナンデスト!!??


バブバブいってたころはあんなに楽しそうに聞いていたのに!!

絵本を破ることがなかったキミが、こんなにするほど読んでいたのに!!




おつきさまこんばんは2



いろいろ知識がついてくると、おつきさまに顔があるのも不思議になってくるのでしょうか。。( ̄▽ ̄;)



でも、幼いころ、おつきさまを見て「こんばんはー」といって、月や星に興味をもって空を見上げたりしていたので、

いい刺激を与えてくれた絵本だったと思います♪



⇒おつきさまこんばんは(福音館あかちゃんの絵本)



この絵本に触れるのは、できるだけ早い方がいいかと思います。(実体験に基づき(笑))
出産のお祝いに添えるのも喜ばれるかもしれませんね^^


裏表紙の絵もおもしろいので、見てみてください('-^*)



ではまた明日♪^^


ランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。