FC2ブログ

絵本であったからいふ

絵本のレビューを書いています。ときどき育児話も。絵本を通して、育児に不安がある方たちともふれあえるようなあったかい場所にしていきたいです^^
Posted by 愛~あい~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 愛~あい~   6 comments   0 trackback

絵本『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』~V・L・バートン 文 絵/いしいももこ 訳~:感想:


『だれもかれも、なにもかも、じっとしていなければなりませんでした。』

『けれども そのとき ただひとり・・・・・』






⇒はたらきもののじょせつしゃけいてぃー新版 (世界傑作絵本シリーズ)(楽天ブックス)



今日紹介するのは、


V・L・バートン 文 絵
いしいももこ 訳

【はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー】
4歳ごろ~

<福音館>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*



沖縄に雪が降るほどの寒波!
みなさん、いかがお過ごしでしょうか☆

愛さんの地域では、やっぱり積もりました。
今朝、雪の中から車を掻き出していたのですが、気温も低くて(最低気温はマイナス10度。。)、綺麗なパウダースノーだったので、1人でニヤニヤとちょっとテンション上がっていました(笑
飛び込みたかったな~~

そんな寒い寒い中、週末にスノボに行ってきた我が家(゚∀゚)
いや~北部は雪の量が違いました。。

帰り道、大丈夫かなと不安だったのですが、愛さん一家は“除雪車”のおかげで無事に帰ることができました♪

スキー場までの道のりを、ずっと除雪車で作業をしてくださっている方たちがいて、ものすごく感謝しました。

で、確か家に“除雪車”の絵本があったよな~~と思い、本棚の中から探しだしてきました(´∀`*)

除雪車のありがたみを感じたあとに読むこの絵本は、なんだか感動してしまいました///



****あらすじ****

けいてぃーという、りっぱなとらくたーがいました。

けいてぃーは、とても強いトラクターでした。

夏はブルドーザーとなり、土をならし、冬は除雪車となり、雪をかきのけました。

けいてぃーは働くことが好きで、力持ち。

街のひとたちの自慢でもありました。

冬が来て、やがてたくさんの雪が積もり、動けなくなる人々たち。。

さあ、けいてぃーの出番です―

************


本文が多い作品なので、読み聞かせをするなら、少し余裕のある時の方がいいかなあ^^*
15~20分ほどかかると思います。

細かく、そして可愛らしく描かれた絵を見ているだけでも楽しい絵本なので、まだ字が読めない子でも、1人でながめていることもできると思います♪


けいてぃーは、街の大通りの除雪から始め、郵便局や駅、電力会社や水道局などなど、街を動かすのに大切な施設の前を回っていきます。

けいてぃーは疲れてしまったけど、けっして止まりません。

おかげで、消防車は火事を消し、医者は病人を助け、電気も通じ、人々は外を歩けるようになりました。




きっと今日もたくさんの場所で、除雪車が活躍していることでしょう。
当たり前のように思っていたんですが、自分が体験したことで、その偉大さに気づくことができました。

スノボに行った時の話ですが、朝5時出発だったので、スキー場に着いてから愛さんは車の中でお布団にくるまり爆睡(笑
約2時間後、旦那さんが「なんじゃこれ~~」と言っている声で目が覚めたのですが、外が見えないくらい車が雪に埋まっていました((((;゚Д゚)))))))

で、息子くんが「お母さんも一緒にやろうよ~」というので、着替えて3回だけ滑ってきました。
もうね、リフト乗ってる時も雪がバシバシ当たって痛いし、10m先は見えないし。。^^;

数回、吹雪で吹っ飛ばされました☆

視界ゼロになるあの一瞬、ちょっぴり怖かったです。はい(°_°)

息子くんが、私と同じレベルまでスノボが出来るようになっていました。
お母さんを呼んだのは彼なのに、お母さんを置いてひとりリフトに乗っていき、慌てるお母さんを見てドヤ顔をする彼に成長を感じました(笑

雪は上手く付き合えば楽しいですが、屋根の上の雪が落ちてきたり、これから気温が下がり路面が凍結してくると危険なので、気をつけていきましょうね^^*


ではまた次回♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッと応援していただけると嬉しいですm(o・ω・o)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
スポンサーサイト
Posted by 愛~あい~   6 comments   0 trackback

絵本『しんかんくん けんかする』~のぶみ 作~:感想:



『うわあんあん、もういやだ。かんたろうなんて、だいっきらい、だいっきらい!』

『じぶんが おなじことされたら どうおもう?』



しんかんくんけんかする




今日紹介するのは、


のぶみ 作

【しんかんくん けんかする】
4歳ごろから~

<あかね書房>


*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*

※図書館のシール部分をふせんで隠しています^^




こちらは、今最も話題になっている絵本、


ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)(Amazon)
ママがおばけになっちゃった!(楽天ブックス)


「ママがおばけになっちゃった!」と同じ、のぶみさん作の絵本となります^^


“しんかんくん”はシリーズもので、書店でも目立つ場所に置かれていることの多い、人気の作品です。

のぶみさんの息子さんと同じ名前の“かんたろう”という男の子が登場します。
かんたろうと仲良しのしんかんくん。
今回はケンカをしてしまったようです。

“ごめんなさい”という言葉や、“相手の気持ちを考える”ことの大切さをのぶみさんらしくやさしく教えてくれる絵本でした。




****あらすじ****

しんかんくんは、かんたろうのことが大好き。

かんたろうの持っているものも好きで、いつも貸してほしくなります。

あるとき、お面を貸してほしいというしんかんくんに、かんたろうが“これは だめ”と言いました。

すると、そのお面がビリッと破れてしまったのです。

かんたろうがかしてくれないからだ!

しんかんくんがいつもかしてっていうから!

ふたりは初めてケンカをしてしまいました。

しんかんくんは泣きながら街へと飛び出していきました。

しんかんくんけんかする2

しんかんくんが泣いているのをみて、街の人たちが話を聞いてくれました。

そして、“ごめんね”って謝った方がいいよと言ってくれました。

けれど、しんかんくんは、みんながその方がいいよっていうから“ごめんね”というんだと言います。

するとレールくんがそれは違うよって教えてくれました。

「じぶんがおなじことをされたら、どうおもう?」

しんかんくんは、やっとかんたろうの気持ちがわかりました。

謝ろうと決心したものの。。。どうやって言えばいいのかわかりません。

しんかんくん、大好きなかんたろうに自分の気持ちを伝えることができるでしょうか―

************



しんかんくんは、“ごめんね”と言う練習をするのですが、なかなかうまく言えません。
そこで、レールくんがしんかんくんに“お面をつけて言ってみたらどうだろう”と提案してくれます。
そうしたら、素直な気持ちが言えるかもしれないということですね^^*

でも、しんかんくんにピッタリな大きさのお面がありません。
しんかんくんは、自分でお面を作ることにしました。
そしてそれを知った街の人たちが手伝ってくれます。

しんかんくんけんかする3

出来上がったお面をつけて、かんたろうのところに行ったしんかんくん。
いざかんたろうを目の前にすると、やっぱり上手く言葉が出てきません。

涙が出てきました。
せっかく作ってもらったお面も壊れてきました。

それでもちゃんと、しんかんくんはかんたろうに謝ることができましたよ^^
その時のしんかんくんはとっても微笑ましいです。
よく言えたね、がんばったねってギュ~ッてしてあげたくなります。

その後は、かんたろうもしんかんくんにごめんねと言って、仲直りできました♪




⇒しんかんくんけんかする




謝るのって、勇気いりますよね。。

それにしても、新幹線が街を自由に行き来して、ましてや自分の家に遊びにくるなんて、なんて夢のあるお話なんだろう☆
街の人も、当たり前のようにしんかんくんを受け入れていて、楽して優しいこんな街に住みたいなと思うほどでした^^

ケンカして、ごめんねというだけでなく、なぜその言葉が大切なのかという部分がきちんと書かれているので、子どもに聞かせてあげたいと思った絵本です。


そうそう!
この絵本の終わりに、切り取ってお面を作れるページがあります。
そのお面をつけた写真を撮ってお手紙を送ると、のぶみさんが必ずお返事を書くよとメッセージがありました。
2010年発行の絵本だけど、期限はないようでしたよ^^


ではまた明日♪


2つのランキングに参加しています。
お手数おかけします。ポチッとしていただけると嬉しいです(σ*'3`)σ

ブログランキング・にほんブログ村へ

*―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―**―゚+.。o○*☆*○o。.+゚―*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。